ビジネスマナー「電話の応対」

ビジネスシーンでは、電話応対時のマナーを身に付けることが大切です。ます、電話を受ける場合、重要なのは早く、具体的には3コール以内で取ることです。相手を待たせないようにしましょう。「何々株式会社でございます。」というように、自社の名称をはっきりと答えます。これが第一印象となりますので、明るい元気な声で答えましょう。3コール以上待たせてしまった場合には、「お待たせいたしました」の一言を冒頭に付けます。取引先などにかける場合は、まず名乗ることです。「何々商事企画部の(あなたの名字)と申します。」その後で、「いつもお世話になっております。」と普段のお礼の気持ちを伝えましょう。マナーに則った受け答えが出来、良い印象を持ってもらうことがビジネスの成功へと繋がってゆくのです。

マナーを習得することは基本です

ビジネスに於いてはマナーをしっかりと守ることが非常に重要です。決められた常識を理解し、これを実践することは相手に対して信頼と安心感を与え、商談が上手く進むものです。逆に、常識を知らない相手を信頼することはできず、仕事の依頼をするのは非常に不安になります。依頼したことをきちんと実現してくれるだろうか、約束を守ってくれるだろうかと不安になり、そのような相手とは取引をしたくなくなってしまうものです。ビジネスにおけるマナーは単に作法というだけではなく、相手の信頼を得て効果的に商談をすすめるために非常に重要なものなのです。

↑PAGE TOP

Copyright © 電話応対のビジネスマナー All rights reserved