ビジネスで挨拶はマナーの基本

ビジネスの場では、始めから終わりまで挨拶が大切です。それによって相手からの印象が決まることも多いので、すべての企業では、一番初めに学ぶマナーの基礎になります。挨拶というのは、単に声をかければ良いというわけではなく、かといって過度な態度も失礼に当たる場合があるなど、単純そうで実に奥深いものです。また、丁寧にできる人ほどマナーが身に付いている証拠にもなり、ビジネスにおいても非常に良い印象で見られるようなります。最近の若い人は、よく礼儀作法がなっていないと言われますが、それはきちんと指導されてないこととも捉えることが出来ます。基礎の基礎から身に付けられるように、日頃から意識するようにしましょう。

ビジネスマナーは臨機応変に対応

ビジネスの世界ではどういった状況であっても、しっかりとマナーを意識しなければなりません。取引先やクライアントへの言葉遣いや接し方など、十分に気を遣う必要があるでしょう。ただ、必ずしも全ての状況で、完璧な対応をするのがいいとは限らないのです。場合によっては、謙りすぎてしまうと、逆に印象を悪くしてしまうケースもあります。少し崩した感じで接した方が、相手も好印象を持つこともあるわけです。したがって、ビジネスでのマナーはマニュアルだけに留まらず、臨機応変に対応することが重要となってくるのです。それができてこそ、初めて一人前となるわけです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 電話応対のビジネスマナー All rights reserved