ビジネスマナーで注意するメール

企業では新しい人が入社すると、特に学校を出たばかりの人の場合、基礎実務というような教育訓練が行われます。ビジネスに不可欠な職場の規律やマナー、書類の作成、コミュニケーション、電話、応対というように、ひと通りのことが教えられます。そうした中で、メールに関しては、まだ体系的な教え方が固まっているとは言いがたい面があります。形式とが、発信人表示とか、署名とかが少しずつ適切になっては来ていますが、ビジネスマナーという点と、文書として記録されているものだという点を考えると、さらに早い時期に固めなくては支障を来す危険性が残っています。特に外部に発信するメールについては、会社としてのルールを確立する必要があります。

ビジネスで使うマナー

ビジネスには、クライアントに差し出す名刺から、敬語や謙譲語の使い方、対面するときの目線など細かい点にもマナーがあります。通例を無視して自分本位な態度で商談などを行うと、クライアントからの印象が悪くなり、仕事がもらえないケースもあります。ビジネスマナーを身に着けることが、会社での出世にもつながるポイントになってきます。パソコンで文書を書くときも、季節により挨拶文を変えるとか、メールを送る場合も同じことが言えます。しっかりと身に着けることによって、自分の評価が高まり職場内でもクライアントからも信用される人材になるのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 電話応対のビジネスマナー All rights reserved